« 第4話 ジャワ島攻略中 | トップページ | 第6話 蒋介石乱心→両広事変(?)勃発 »

2009年1月16日 (金)

第5話 蘭印戦争 後半へ

3月13日:第20歩兵軍団がマカッサルで上陸を完了。

セレベス島の最大都市マカッサルを占領。これでセレベス島全土を制圧。

ハーツオブアイアン架空戦記

3月13日:我が軍がバタヴィアで敵軍と交戦。

ハーツオブアイアン架空戦記

蘭軍の拠点・バタヴィア(現ジャカルタ)への攻撃を開始。敵将は例のエレンメート少将だが、相変わらず補給切れ状態だし、一昨日の迎撃戦における敗北の痛手からほとんど回復していない。よって結果は火を見るより明らか。

ハーツオブアイアン架空戦記

3月14日:第12歩兵軍団がサマリンダで上陸を完了。
3月14日:第21歩兵軍団がマドゥラで上陸を完了。
3月15日:第10歩兵軍団がデュメーンで上陸を完了。
3月15日:第11歩兵軍団がパダンで上陸を完了。
3月16日:第1騎兵軍団がバタヴィアに到着。
3月16日:第2騎兵軍団がバタヴィアに到着。

3月17日:我が軍がチラチャップで敵軍と交戦。

ハーツオブアイアン架空戦記

バタヴィアからチラチャップに撤退した蘭軍を2方向から集中攻撃。敵将は毎度おなじみ、連戦連敗のエレンメート少将。ここまでくると、さすがに可哀想に思えてきた。他に将校はおらんのか。

ハーツオブアイアン架空戦記

3月18日:第21歩兵軍団がバリで上陸を完了。
3月18日:第20歩兵軍団がジョクジャカルタで上陸を完了。
3月18日:第23歩兵軍団がマランで上陸を完了。

3月19日。

ハーツオブアイアン架空戦記

エレフテリオス・ヴェニゼロスが逝去。ギリシャを代表する政治家。ただ「ギリシアで “大臣の逝去” が発生」というのはどうか。ヴェニゼロスは1935年の王政復古によって首相の地位を追われ、パリで亡くなっているわけでして…。

ちなみに、アテネ国際空港の正式名称は「エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港」(↓)。

Photo

3月19日:第13歩兵軍団がメダンで上陸を完了。

これでスマトラ島も全島制圧。

ハーツオブアイアン架空戦記

3月19日:第12歩兵軍団がヘルマヘラで上陸を完了。
3月19日:第1騎兵軍団がチラチャップに到着。
3月19日:第2騎兵軍団がチラチャップに到着。

同日、ジャワ島も完全占領。

ハーツオブアイアン架空戦記

Kanin 閑院宮統合参謀総長

「以後、小スンダ列島・モルッカ諸島・ニューギニア西部の攻略に移ります」

3月20日:第22歩兵軍団がロンボクで上陸を完了。

3月21日。

ハーツオブアイアン架空戦記

ジョージ・H・ダーンのこと。フランクリン・ルーズベルト政権における陸軍長官であった。でも、3月20日時点の米国の閣僚にはダーンの顔はない。なぜか?

3月21日:第30歩兵軍団がソロンで上陸を完了。

3月22日。

ハーツオブアイアン架空戦記

???

何の生産を遅らせたのか、わからん。ドイツ国内に潜伏するスパイの数を増やせば、このあたりの情報がより正確になるのかね。

ハーツオブアイアン架空戦記

たった2人じゃ、大した情報は入ってこないのかも。

それにしても、ドイツのような技術先進国が、言っちゃ悪いがユーゴスラビアのような…を相手にあざとい真似をするのはいかがなものかと…。

|

« 第4話 ジャワ島攻略中 | トップページ | 第6話 蒋介石乱心→両広事変(?)勃発 »

大日本帝国【1-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第5話 蘭印戦争 後半へ:

« 第4話 ジャワ島攻略中 | トップページ | 第6話 蒋介石乱心→両広事変(?)勃発 »