« 第15話 ニューヨーク占領 | トップページ | 第17話 陛下のお怒り »

2009年3月22日 (日)

第16話 フィリピン参戦

11月1日現在の占領範囲。

ハーツオブアイアン架空戦記

11月3日:第21歩兵軍団がピッツバーグに到着。

ピッツバーグ…地理の授業では「鉄鋼の街(アイアンシティ)」として教わった記憶がある。その後、基幹産業としての製鉄業は衰退したが、ハイテクの街として生まれ変わり、 「アメリカで最も住みやすい街」のひとつとされているらしい。

ハーツオブアイアン架空戦記

11月3日:第1騎兵軍団がスクラントンに到着。

11月4日:サヴァナで暴動発生!
11月4日:我が国が領有していたサヴァナをパルチザンが奪取。

ハーツオブアイアン架空戦記

Hirohito 天皇陛下

「おい、南部でパルチザンが暴れるとはどーゆーことだ」

Hirota 広田外相

「はっ。目下、詳細を調査中でして…」

Hirohito 天皇陛下

「南北戦争の怨嗟を引きずる南部の民衆にとって、日本軍はある意味で北部からの解放者だろう。シャーマン将軍による“海への進軍”の悲劇を忘れたのか」

Okamura 岡村情報相

「そのあたりをふまえた上での宣撫活動が多少不足していたかと…」

Hirohito 天皇陛下

「起きてしまったことは仕方がない。早急に対処したまえ」

Kanin 閑院宮統合参謀総長

「御意!」

Wikipediaより
海への進軍…アメリカ南北戦争終盤期の1864年11月15日から12月22日にかけて、北軍のウィリアム・シャーマン将軍がアメリカ南部連合(南軍)の早期降伏を目的として、南部連合の中心州であったジョージア州のアトランタから南東約400キロ先の港町サバナまでの主要部を、50キロから100キロ幅で行った破壊進撃を意味する。これは非戦闘員を巻き込んだ最初の事例であり近代の総力戦のさきがけとなった。

11月4日:アメリカ合衆国は1936年のアメリカ大統領選挙 ― 史実どおりの結果において “フランクリン・D・ルースヴェルト(民主)” を選択したとのことです。

米国民、何という愚かな選択を…

11月4日:第2軍司令部がハリスバーグに到着。
11月4日:第2工兵軍団がハリスバーグに到着。
11月4日:第12歩兵軍団がモンペリエに到着。
11月4日:第22歩兵軍団がルイヴィルに到着。

11月6日:アメリカ合衆国のスパイが日本に潜入。日本とアメリカ合衆国の関係が外交問題の発生により悪化しました。

これ以上、悪化のしようもないはずだが。

Garner ガーナー副大統領

「ミスタープレジデント。本来であれば再選を祝うべきところですが、残念なお知らせです」

Craig クレイグ統合参謀総長

「東海岸が日本軍にほぼ制圧されました」

Standley スタンドレー海相

「誠に慙愧にたえませんが、わが合衆国艦隊も壊滅です。もはや日本艦隊と洋上決戦を行う戦力は残されていません」

Wagner ワグナー軍需相

「敵占領地の拡大にともない、わが国の生産力(実効IC)は、ICは開戦前の284から143に半減です」

Roosevelt ルーズベルト大統領

「要するに、もはや反撃の見込みはないということだな」

Hull ハル国務相

「とにかく我々は退避を続けながら、第三国を通じて講和の道を探りましょう。このままでは、わが合衆国は滅亡してしまいます」

そのとおり、この戦争の目的はアメリカ合衆国の解体です。

11月6日:第1軍司令部がコーパスクリスティで上陸を完了。
11月6日:第14歩兵軍団がコーパスクリスティで上陸を完了。
11月6日:第15歩兵軍団がコーパスクリスティで上陸を完了。
11月6日:第1工兵軍団がコーパスクリスティで上陸を完了。

ハーツオブアイアン架空戦記

メキシコとの国境にほど近いコーパスクリスティに上陸。
ここから二手に分かれ、北東に進む第14・15歩兵軍団は、ミシシッピー川を渡って西進する第33歩兵軍団と協同してヒューストン付近の敵軍を挟撃、一方の第1軍司令部・第1工兵軍団は北西に向かって最速での西海岸打通を目指す。

11月6日 1200:我が軍が敵アメリカ合衆国軍艦隊の攻撃をハッテラス岬にて受ける。

【日本軍】第2艦隊(山本中将)
戦艦「扶桑」「山城」「日向」(クラスⅡ)
軽巡「川内」「神通」「大井」(クラスⅡ)

【米軍】第5戦艦隊(メイソン大将)
戦艦「ニューヨーク」(クラスⅡ)
第21・22・23・24駆逐隊

ハーツオブアイアン架空戦記

5日前のチェサピーク湾の海戦では、どうにかこうにか沈没をまぬがれた戦艦「ニューヨーク」を航空攻撃で撃沈。合わせて、3隻の戦艦による砲撃で2個駆逐隊も道連れに。

11月6日 2200:我が軍の艦隊がタマウリパス湾で敵艦隊と交戦。

【日本軍】第3艦隊(小沢中将)
巡戦「金剛」「比叡」「榛名」「霧島」(クラスⅡ)
軽巡「球磨」「多摩」「名取」「鬼怒」(クラスⅡ)

【米軍】第17艦隊(リーヒー元帥)
6個輸送艦隊

11月7日 0300:我が国がタマウリパス湾における海戦でアメリカ合衆国に勝利。撃沈された船は次のとおり。アメリカ合衆国 - サム・ヒューストン隊(輸送)

特にコメントはなし。

11月7日:第1騎兵軍団がアルトゥーナに到着。

さらに同日。

ハーツオブアイアン架空戦記

フィリピン? 危機に瀕した宗主国を救うために立ち上がった? ほとんど効果はないと思うが。それにしても「性根の腐ったブタ野郎」とは過激なセリフですな。英語版でメッセージの原文を見てみたいものだ。

11月7日:我が軍がサヴァナにおいてパルチザン軍を破った。

セーブデータをのぞいてみたが、どうしても詳細が不明。何がしかの部隊が鎮圧にあたったはずなのだが、サヴァナの周囲にそれらしいユニットの姿が見えない。天皇陛下の怒りを受けて、神速で対処した結果だとしよう。

11月8日:中国(国民党)のスパイが日本への潜入に失敗。

11月8日 1500:我が軍の艦隊がケープカナヴェラルで敵艦隊と交戦。

【日本軍】第2艦隊(山本中将)
戦艦「扶桑」「山城」「日向」(クラスⅡ)
軽巡「川内」「神通」「大井」(クラスⅡ)

【米軍】第5戦艦隊(メイソン大将)
第21・23駆逐隊

11月8日 1800:我が国がケープカナヴェラルにおける海戦でアメリカ合衆国に勝利。撃沈された船は次のとおり。アメリカ合衆国 - 第23駆逐隊(駆逐)、 第21駆逐隊(駆逐)

2日前のハッテラス岬沖海戦と同じ対戦。戦艦のいない“戦艦隊”なんて、とっとと逃げればいいのに。結局、残存艦艇をすべて沈めて、第5戦艦隊は名実ともに消滅。

11月8日 1800:我が軍の艦隊がメキシコ湾で敵艦隊と交戦。

【日本軍】第3艦隊(小沢中将)
巡戦「金剛」「比叡」「榛名」「霧島」(クラスⅡ)
軽巡「球磨」「多摩」「名取」「鬼怒」(クラスⅡ)

【米軍】第17艦隊(リーヒー元帥)
5個輸送艦隊

11月9日 0000:我が国がメキシコ湾における海戦でアメリカ合衆国に勝利。撃沈された船は次のとおり。アメリカ合衆国 - アブナー・ダブルディー隊(輸送)、 ドリー・マディソン隊(輸送)、 ピーター・スタイヴェサント隊(輸送)

ハーツオブアイアン架空戦記

上記のほかに、ウィリアム・B・トラヴィス隊も航空攻撃で撃滅。

11月10日:第2騎兵軍団がシラキュースに到着。
11月10日:第12歩兵軍団がプラッツバーグに到着。
11月12日:第11歩兵軍団がオールバニーに到着。
11月14日:第1騎兵軍団がバッファローに到着。
11月14日:第10歩兵軍団がコーパスクリスティで上陸を完了。
11月14日:第13歩兵軍団がコーパスクリスティで上陸を完了。

西海岸へ向けての大陸打通作戦の増援部隊が続々とコーパスクリスティに上陸。

|

« 第15話 ニューヨーク占領 | トップページ | 第17話 陛下のお怒り »

大日本帝国【1-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16話 フィリピン参戦:

« 第15話 ニューヨーク占領 | トップページ | 第17話 陛下のお怒り »