« 第17話 陛下のお怒り | トップページ | 第19話 アメリカ連合国独立 »

2009年4月 3日 (金)

第18話 マッカーサー発見

12月1日時点の占領範囲。

ハーツオブアイアン架空戦記

東海岸を完全に制圧し、五大湖方面への進出を始めたところ。メキシコとの国境付近では、上陸部隊がいとも簡単に橋頭堡を確保し、西へ東へ支配地域を拡大中。

12月1日:第24歩兵軍団がインディアナポリスに到着。
12月1日:第23歩兵軍団がインディアナポリスに到着。
12月3日:第22歩兵軍団がエヴァンズヴィルに到着。

デトロイトに臨時首都を構えた米政府から二度目の和平提案。

ハーツオブアイアン架空戦記

Hirota 広田外相

「前回に比べれば譲歩の姿勢は見えますけど…ねぇ」

Hirohito 天皇陛下

「わが国としてはここで妥協する必要はまったくないな」

Hayashi 林首相

「では陛下、[辞退]ボタンを」

12月6日 1400:我が軍の地上部隊がジャクソンにてアメリカ合衆国軍機に空爆される。
12月6日 1400:我が軍はジャクソン上空にて敵の航空機と交戦。
12月6日 1900:我が軍の航空部隊がジャクソン上空でアメリカ合衆国軍を相手に戦って勝利。

激闘5時間(長いな)、長らく苦戦を強いられてきた空戦で初勝利をあげた。殊勲は福井少将率いる第2戦闘航空軍、機種は最新鋭の97式戦闘機である。

12月8日 23:仙台 ― コーパスクリスティ輸送船団(現在地はグアテマラ海盆北部)が輸送船5隻と護衛艦0隻を喪失。

またしても、スミス=ハットン少将率いる大西洋潜水艦隊にやられた。

実際にゲームを進行している時には、米本土攻略に集中していて輸送船団の被害から目を背けていたのだが、こうして改めて被害の実態を目の当たりにしてみると心中穏やかではない。対潜哨戒部隊を本気で活用しておくんだった。

12月9日:三井重工が「改良型工作機械」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

詳細技術のところに「改良型溶接技術」って書いてある。

太平洋戦争突入前夜の造船において、鉄材の接合はカシメ(鉄と鉄の接合部分を熱したボルトで締め付ける)でやるもんだと思っていた。

調べてみると、日本では1930年竣工の駆逐艦「夕霧」の一部に初めてアーク溶接が用いられたという。

一度、アーク溶接を実際にやらせてもらったことがある。溶接棒を部材に接触させた瞬間、「バチバチバチッ」と派手に火花が飛び散り、あっという間に鉄に穴が開くのが遮光ゴーグル越しに見えた。もし人体の一部だったら、一瞬で溶解するんだろう。

12月10日:第12歩兵軍団がヒューストンで上陸を完了。

ハーツオブアイアン架空戦記

ヒューストン…先端医療の研究機関や航空宇宙産業で有名なテキサス州の街。メキシコ湾岸地域における経済・産業の中枢である。2000年現在の人口は約195万人。名前は、創設当時のテキサス共和国大統領で、サンジャシントの戦いで指揮を執った将軍サミュエル・ヒューストンに由来している。

1936年といえば、東テキサス油田が発見されて6年後。石油精製・石油化学産業の中心地として急成長を遂げている頃です。

12月11日。

ハーツオブアイアン架空戦記

世に言うところの「王冠を捨てた恋」。エドワード8世は愛する女性と添い遂げるために自ら退位を決意した。しかし、その女性はナチスのリッベントロップ(1938年2月から1945年のナチス崩壊まで外務大臣)と関係があったとか…。

12月11日:第13歩兵軍団がダラスに到着。
12月12日:第1騎兵軍団がデトロイトに到着。

ハーツオブアイアン架空戦記

デトロイト…自動車産業で有名。ゼネラル・モーターズの本社がある。2000年現在の人口は約95万人で、自動車産業最盛期の1950年と比べると半減。1936年頃の人口は約160万人と推定される。“Queen of Pop”マドンナの出身地でもある。

この世界では、本日まで合衆国の臨時首都。日本軍の占領にともない、米政府はシカゴに退避した。まあ、近いうちにシカゴも追われることになるだろうが。

12月16日:仙台 ― ドーバー輸送船団(現在地はパナマ湾)が輸送船4隻と護衛艦0隻を喪失。

今さらどうしようもないので、輸送船団の被害については今後ふれないことにする。精神衛生上、悪いし。

12月16日:第1騎兵軍団がグランドラピッズに到着。
12月18日:第33歩兵軍団がアレクサンドリアに到着。

12月20日:第12歩兵軍団がニューオーリンズに到着。

ハーツオブアイアン架空戦記

酒井中将率いる第12歩兵軍団が無血占領。フレンチ・クォーターの一角にあるジャクソン・スクウェアを駐屯地とし、セントルイスホテルに司令部をおいた。ちなみに、セントルイスホテルは現在のオムニ・ロイヤル・オーリンズホテル。

12月20日 0900:我が軍がフリントで敵軍と交戦。
12月21日 0700:我が軍がフリントでアメリカ合衆国軍と交戦し敗北。

ほぼ、まる一昼夜にわたる激戦の末に地上部隊が初めての敗北。確認してみると、フリント駐留の敵軍がすべて民兵とはいえ7個師団に増強されている。司令官の中に「マッカーサー」の文字が…。

ハーツオブアイアン架空戦記

12月21日:第1軍司令部がラボックに到着。
12月21日:第1工兵軍団がラボックに到着。

全米最大の産油地・ラボックを占領。

ハーツオブアイアン架空戦記

実際には160あまりの産油量を誇るのだが、占領地ゆえのペナルティで70あまりに制限されている。それでも溢れかえる天然の石油。これで、エネルギー問題は完全解決。

12月22日:騎兵第3師団が騎兵 '36に改良。

特筆すべきは、対人攻撃力が倍増(4 → 8)されること。

12月22日:第11歩兵軍団がミッドランドに到着。
12月22日:第22歩兵軍団がディケーターに到着。
12月25日:第34歩兵軍団がモンローに到着。
12月27日:第13歩兵軍団がアビリーンに到着。

12月28日。

ハーツオブアイアン架空戦記

政変前:

ハーツオブアイアン架空戦記

政変後:

ハーツオブアイアン架空戦記

キューバの政争。のちに大統領となるフルヘンシオ・バティスタが、時のアリアス大統領を議会動員で罷免、その結果、ブル副大統領が昇格した一件を指すのだろう。

史実は史実として、この世界での体制は[民主的]から[独裁的]へ、[政治的右派]から[政治的左派]にシフト。

12月28日:第20歩兵軍団がシカゴに到着。

12月12日の日本軍のデトロイト占領にともない、合衆国臨時首都となったシカゴだが、予想どおりわずか2週間でその役目を終えることに。米政府はフリントに移動。他人事ながら、思い切って西海岸まで退避しておいたほうがいいのでは。

12月30日:第2工兵軍団がピオリアに到着。

|

« 第17話 陛下のお怒り | トップページ | 第19話 アメリカ連合国独立 »

大日本帝国【1-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18話 マッカーサー発見:

« 第17話 陛下のお怒り | トップページ | 第19話 アメリカ連合国独立 »