« 第22話 ロッキー山脈へ | トップページ | 第24話 カリフォルニア共和国独立 »

2009年5月 8日 (金)

第23話 西海岸到達

6月12日:第1騎兵軍団がグレートフォールズに到着。
6月14日:第12歩兵軍団がウェーク島で上陸を完了。

史実では、中部太平洋における重要拠点の一つとして日米争奪戦の舞台となった。

現在は、民間の貨物機や小型機などの中継地、軍用機・旅客機の緊急着陸場として使われている。基本的には空港施設だけの島であり、港湾施設はない。もちろん観光施設の類は皆無で、定期航空路線もない。吉幾三の歌じゃないけど、「何にもねぇ」。

6月14日:第3騎兵軍団がビュートに到着。

6月15日:愛知航空機が「基本型輸送機」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

6月15日:国内で中国(共産党)のスパイを発見して暗殺。
6月15日:国内で敵スパイを発見できず。

潜入されたら、摘発する。当然でしょ。

6月16日:我々は盧溝橋事件において “戦争をする余裕はない” と選択した。

正しくは “戦争できなくはないが、今やるのは面倒だ” を選択した。

6月18日:中国(国民党)のスパイが日本に潜入。日本と中国(国民党)の関係が外交問題の発生により悪化しました。

ハーツオブアイアン架空戦記

だからぁ、これ以上、悪化のしようがないというのに。

6月19日:第3軍司令部がグランドジャンクションに到着。
6月19日:第34歩兵軍団がグランドジャンクションに到着。
6月19日:第31歩兵軍団がグランドジャンクションに到着。
6月23日:第1軍司令部がフェニックスに到着。
6月23日:第1工兵軍団がフェニックスに到着。

6月23日:国内でソ連のスパイを発見して暗殺。

6月27日:パットン海底崖に展開中の我が軍の部隊が、輸送船7隻と護衛艦0隻を撃沈。

ハーツオブアイアン架空戦記

敵輸送船団への攻撃に戦艦を動員するというのも…ほとんどいじめ。

6月29日:第3騎兵軍団がアナコンダに到着。

7月1日時点、占領状況。

ハーツオブアイアン架空戦記

7月3日:第1騎兵軍団がミズーラに到着。

7月3日:ドイツは防共協定において “イタリアおよび日本と協定を結ぶ” を選択したとのことです。
7月3日:イタリアは防共協定において “協定に調印する” を選択したとのことです。

Hirota 広田外相

「我が国としては、いかがいたしましょうか?」

Hirohito 天皇陛下

「ここは付き合いでハンコ押しとくか。ソ連との関係が -10 とのことだが、どのみちソ連とは戦火を交えることになるだろうし……おっと、口が滑ってしまった」

7月3日:我々は防共協定において “協定に調印する” と選択した。

ハーツオブアイアン架空戦記

史実では、スペイン、ハンガリー、ブルガリア、満州国、汪兆銘政権も参加したそうだが、この世界ではどうなんだろうか。

7月4日:中国(国民党)が日本での中傷工作に失敗。

7月5日:第1艦隊がセバスチャンヴィスカイノ湾に到着。
7月5日:第9輸送艦隊がセバスチャンヴィスカイノ湾に到着。
7月5日:第5輸送艦隊がセバスチャンヴィスカイノ湾に到着。
7月5日:第4輸送艦隊がセバスチャンヴィスカイノ湾に到着。
7月5日:第1輸送艦隊がセバスチャンヴィスカイノ湾に到着。

7月5日:我が軍がサンディエゴで敵軍と交戦。
7月5日:サンフランシスコで敵部隊に空爆を開始。

ハーツオブアイアン架空戦記

いよいよ、陸海空から西海岸の拠点奪取に動く。
ということで、第1軍・第2軍・第3軍の混成部隊による一大上陸作戦決行。2日間の激戦の末に…

7月7日:第17歩兵軍団がサンディエゴで上陸を完了。
7月7日:第36歩兵軍団がサンディエゴで上陸を完了。
7月7日:第25歩兵軍団がサンディエゴで上陸を完了。
7月7日:第35歩兵軍団がサンディエゴで上陸を完了。
7月7日:第16歩兵軍団がサンディエゴで上陸を完了。
7月7日:第26歩兵軍団がサンディエゴで上陸を完了。

太平洋岸における米海軍の根拠地・サンディエゴを占領。

ハーツオブアイアン架空戦記

サンディエゴ…2000年現在の人口は約120万人。

7月11日:第22歩兵軍団がロックスプリングズに到着。
7月11日:第24歩兵軍団がロックスプリングズに到着。
7月11日:第21歩兵軍団がロックスプリングズに到着。
7月13日:第12歩兵軍団がロサンゼルスで上陸を完了。

ハーツオブアイアン架空戦記

ハーツオブアイアン架空戦記

ロサンゼルス…改めて紹介や説明なんぞする必要もないでしょう。2006年現在の人口は約380万人で、全米第2位。

7月13日:我が軍の航空部隊がサンフランシスコにて敵艦隊を発見、空爆を開始。
7月13日:我が軍はサンフランシスコを爆撃し、海軍基地に0.80レベルの損害を与えた。

市丸中将率いる第1海上航空軍、アリゾナ州フェニックス空軍基地から約1000キロを飛行しての攻撃。19日にかけての6日間の空爆で、重巡「ニューオーリンズ」「サンフランシスコ」「アストリア」軽巡「マーブルヘッド」を撃沈することになる。

7月14日:第34歩兵軍団がプロヴォに到着。
7月14日:第31歩兵軍団がプロヴォに到着。
7月14日:第3軍司令部がプロヴォに到着。
7月17日:第11歩兵軍団がユマに到着。
7月17日:第10歩兵軍団がユマに到着。
7月19日:第35歩兵軍団がフレズノに到着。
7月20日:第36歩兵軍団がサンフランシスコで上陸を完了。
7月20日:第26歩兵軍団がサンフランシスコで上陸を完了。

ハーツオブアイアン架空戦記

ハーツオブアイアン架空戦記

7月20日:ソ連のスパイが日本への潜入に失敗。

7月20日:我が軍の艦隊がサンフランシスコ湾で敵艦隊と交戦。

【日本軍】第1艦隊(永野元帥)
戦艦「長門」「陸奥」(クラスⅢ)「伊勢」(クラスⅡ)
空母「赤城」「加賀」「龍驤」(クラスⅢ)
軽巡「最上」「三隈」(クラスⅣ)「夕張」「北上」「長良」「木曽」(クラスⅡ)

【米軍】第6巡洋艦隊(バーク大将)第2巡洋艦隊(オーガン中将)第17艦隊(ニミッツ中将)
重巡「ミネアポリス」(クラスⅢ)
軽巡「コンコード」「デトロイト」「オマハ」「トレントン」「リッチモンド」(クラスⅡ)

7月20日 10:我が国がサンフランシスコ湾における海戦でアメリカ合衆国に勝利。撃沈された船は次のとおり。アメリカ合衆国 - USS ミネアポリス(重巡)、 USS コンコード(軽巡)

どうやらバーク大将も連戦連敗の達人らしい。

ハーツオブアイアン架空戦記

7月23日:第13歩兵軍団がデラノピークに到着。

7月24日:三菱飛行機が「基本型戦術爆撃機」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

7月24日:第1騎兵軍団がルイストンに到着。

7月24日:仙台 ― コロン輸送船団(現在地はグローヴナー海山)が輸送船1隻と護衛艦0隻を喪失。
7月25日:ドーバー ― 仙台輸送船団(現在地はマイゼル諸島)が輸送船3隻と護衛艦0隻を喪失。
7月26日:仙台 ― プエルトリコ輸送船団(現在地は日本海溝)が輸送船2隻と護衛艦0隻を喪失。

はぁ~

7月27日:第3騎兵軍団がエルクシティーに到着。
7月27日:第22歩兵軍団がボイシに到着。
7月28日:第36歩兵軍団がサクラメントに到着。
7月28日:第26歩兵軍団がサクラメントに到着。

7月30日。

ハーツオブアイアン架空戦記

7月30日:第2騎兵軍団がレディングに到着。

7月30日:国内でソ連のスパイを発見して暗殺。
7月30日:国内で中国(国民党)のスパイを発見して暗殺。

何度も言うが,潜入されたら即摘発&処刑。

|

« 第22話 ロッキー山脈へ | トップページ | 第24話 カリフォルニア共和国独立 »

大日本帝国【1-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第23話 西海岸到達:

« 第22話 ロッキー山脈へ | トップページ | 第24話 カリフォルニア共和国独立 »