« 第25話 日米戦争 終結! | トップページ | 第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合 »

2009年5月29日 (金)

第26話 フィリピンとも講和

前回で対米戦争がめでたく終結したことを受け、以後しばらくは記事の内容が、国際情勢の紹介と国内の技術開発および生産状況の説明に重点がおかれることになる。というか、それしかないだろう。退屈でしょうが、しばしお付き合いを。

10月16日。

ハーツオブアイアン架空戦記

何を考えているのか、よくわからん。シンチヤン(新疆)は中国国民党からの攻勢を受けて、それどころじゃないだろうに。

同日。こちらは、もう戦争はカンベンという状況。

ハーツオブアイアン架空戦記

旧宗主国・アメリカの戦争にむりやり付き合わされていたフィリピン。合衆国が消滅した今となっては、対日戦を継続する意味はない。当然の提案だろう。

Hirota 広田外相

「陛下、承諾しますよ」

10月19日:川崎重工が「発展型建設技術」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

中満国境に建設予定の陸上要塞の建設速度が上がる。喜ばしい。

11月5日。

ハーツオブアイアン架空戦記

2人ほど始末させていただいた。まったくしつこいったらありゃしねぇ。

11月18日:呉海軍工廠が「改良型駆逐艦」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

防空駆逐艦「秋月」型の登場。上の画像中には「輸送船団の護衛効率 +5%」とあるが、史実では空母機動部隊の防空直衛用に開発・建造された大型駆逐艦である。また、主砲は10cm連装高角砲であって、「艦載砲 120+mm」というのはちょっと…。

11月18日。

ハーツオブアイアン架空戦記

Hirota 広田外相

「特に何が起こるというわけでもありませんので、ご安心を」

11月30日:国内でフランスのスパイを発見して暗殺。
11月30日:国内で中国(国民党)のスパイを発見して暗殺。
12月10日:国内でソ連のスパイを発見して暗殺。

まったく、鬱陶しいったらありゃしねぇ。

12月20日:日野自動車が「基本型デシメートル波早期警戒レーダー基地」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

今までのプレイではレーダー施設を建設したことがないので、今回は作ってみようか。機会があれば。

12月23日:ニューヨーク守備隊がニューヨーク守備隊に配置される。

ハーツオブアイアン架空戦記

日本語としておかしな文章だが、要するに「ニューヨーク守備隊」という師団が「ニューヨーク守備隊」という軍団に配属されたわけでして。

それはともかく、憲兵隊付属の守備隊で治安維持力の強化を図る。

年が明けて1938年。

おそらく、今年は世界情勢にさほど大きな動きはないだろう。史実に基づいて予測すると、ドイツがオーストリアを併合し、さらにチェコスロヴァキアからズデーテンラントを強奪するぐらいか。

う~ん、十分に大きな動きですね。特にオーストリアやチェコスロヴァキアにお住まいの方々にとっては。失礼しました。

1月10日:国内でソ連のスパイを発見して暗殺。

1月11日:山下奉文が「戦略的破壊ドクトリン」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

戦略爆撃の効果が上昇するらしいが、今のところ、さしたる影響はない。

1月11日。

ハーツオブアイアン架空戦記

Hoi2DataWikiより(というか、以前はこの記述が掲載されていたけど、2009年5月9日現在で削除されている)
「1938年、ドイツ国防相のヴェルナー・フォン・ブロンベルク元帥は平民の妻を娶った。当時の将校の結婚としては異例であったが、平民出身のヒトラーはこれを大いに祝福したという。しかし直後に夫人を中傷する文書や写真が出回り始め、これをゲーリングは自身の野心のために利用。併せてヴェルナー・フォン・フリッチュ上級大将の同性愛者容疑をでっちあげ、ヒトラーの二人への信頼を失わせることに成功した。強硬な外交政策に反対していた国防軍のNo.1とNo.2がいなくなったことで、ドイツ国防軍はこの後急速にヒトラーの忠実な手駒へと作り変えられてゆく」

1月12日。

ハーツオブアイアン架空戦記

再三にわたるお誘いですが…だめなんです。中国国民党とのお手合わせ(戦争)は当面回避したいので、おたくと手を組むことはできません。

1月22日:東京工廠が「初期型山岳師団」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

今となっては、どういういきさつだったのか記憶が定かではないが…とにかく、情報大臣(要するに内務大臣?)を交代させた。高須四郎から…

ハーツオブアイアン架空戦記

小川郷太郎に。

ハーツオブアイアン架空戦記

ICの+5%には目をつむっても、防諜活動の成果向上を優先する意図だったんだろうか。

|

« 第25話 日米戦争 終結! | トップページ | 第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合 »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
迷いこんで読み続けてます(笑)
自分もHoI買おうかな、と思ってます。

続きを期待してます!!

投稿: ななし | 2009年6月 2日 (火) 00時28分

> ななし さん

はじめまして。迷い込んできていただいて、ありがとうございますhappy01

Hoi2、良いですgood
今秋にはHoi3が発売されるようですが、現状のPC環境ではスペック的に厳しいので、しばらくHoi2を続けていくつもりです。
悩みは、じっくりとプレイに没頭したら時間がいくらあっても足りないこと。加えて、週1回とはいえレポートを更新しなくてはならないのは、結構キツい…coldsweats01
でも、がんばって継続するので、末永いお付き合いをお願いします!

投稿: (GEN)2 | 2009年6月 2日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128575/29448028

この記事へのトラックバック一覧です: 第26話 フィリピンとも講和:

« 第25話 日米戦争 終結! | トップページ | 第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合 »