« 第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合 | トップページ | 第29話 ナチスドイツ ズデーテンラントを併合 »

2009年6月12日 (金)

第28話 進展する技術開発

3月11日:アルゼンチンで “突然の政府交代” が発生。

●政変前

ハーツオブアイアン架空戦記

●政変後

ハーツオブアイアン架空戦記

6年前(1932年)の不正選挙で勝利したアグスティン・P・フスト大統領に代わって、ロベルト・M・オルティスが大統領に就任。

えーと、昨年9月12日の開戦以来、初めて国共内戦で動きあり。八路軍(と言っていいだろう)がクーユエン(固原)を占領。

ハーツオブアイアン架空戦記

5月4日:山下奉文が「戦場阻止ドクトリン」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

戦術爆撃を多用する我が軍としては重要な成果。空挺強襲も可能になるし。

5月6日:高木貞治が「基本型暗号解読機」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

5月13日:呉海軍工廠が「改良型空母」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

帝国海軍の最殊勲空母「翔鶴」型の建造が可能に。さらに空母艦載機が一新され、零戦21型が製造できるようになったもの嬉しい。「ゼロファイター」の名を世界に轟かせた傑作機ですから。さっそく「翔鶴」「瑞鶴」の建造にも着手する。

5月13日:スペイン(国粋派)で “大臣の逝去” が発生。

ラモン・フランコ・バーモンデという人物。有名な独裁者フランコ将軍(フランシスコ・フランコ・イ・バーモンデ)と名前が似ているが、違う人のようだ。フランコ将軍は1975年まで存命していましたから。

5月30日:日野自動車が「基本型野砲」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

「漸進射撃」って、関ヶ原合戦で佐々成政軍団が行った戦術。鉄砲隊を横隊に組織し、射撃した列を追い越して射撃準備を完了した次列が前進する。追い越された射撃済みの列はその場で再装填を行い、追い越しを繰り返すというもの。

5月30日:我が国は中国(国民党)の研究チーム'長安'の研究を遅らせることに成功。我々の計画が相手国に察知されました。これは外交関係に影響を及ぼすでしょう。

6月14日:1 陸上要塞がエレンホトで完成。
6月14日:1 陸上要塞がタンシャンで完成。

陸上要塞の強度が2になった。ドイツ・フランス国境のマジノ線が強度10だから、まだまだ十分とは言えないが…まあ、国民党相手だから良しとするか。

6月22日:我が国は中国(国民党)の研究チーム'黄浦軍事大学'の研究を遅らせることに成功。我々の計画が相手国に察知されました。これは外交関係に影響を及ぼすでしょう。

黄浦軍事大学の歴代校長の一人が蒋介石。確か、同じ時期に周恩来も教官だったような気が。

7月14日:東京工廠が「初期型海兵師団」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

島国の宿命として、他国への侵攻を企てたら上陸戦は避けられんよな…。

7月17日:我が国に “張鼓峰事件(ハサン湖事件)” が発生した。
7月17日:ソ連で “ハサン湖事件(張鼓峰事件)” が発生。

選択の余地はない。大粛清の影響は極東にまで及んでいるだろうから、ソ連軍の戦意の低さは必然。仕方ない。

7月18日:畑俊六が「兵站攻撃ドクトリン」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

いろいろ書かれてあるが、要するに戦術爆撃の効果が増すということ。同様に対艦攻撃の威力もUPするのが嬉しい。

7月22日:IJN 龍驤 付属部隊が零戦21型 / 99式艦爆 / 97式1号艦攻に改良。
7月22日:IJN 赤城 付属部隊が零戦21型 / 99式艦爆 / 97式1号艦攻に改良。

零戦21型が実戦配備! いや、めでたい。

7月30日:三菱飛行機が「機銃掃射ドクトリン」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

もう、説明はいいでしょう。良いことづくめ。

8月16日:川崎重工が「生産管理」を開発。

ハーツオブアイアン架空戦記

テイラーが提唱した「科学的管理法」をさっそくわが国も導入したようだ。

9月1日。

ハーツオブアイアン架空戦記

●政変前

ハーツオブアイアン架空戦記

●政変後

ハーツオブアイアン架空戦記

史実では、ホセ・テハダ・ソルサノとヘルマン・ブッシュ・ベセラの間に、トロという軍出身の実力者が実権を握っていた期間がある。

そのトロは、これまた軍人あがりのヘルマン・ブッシュ・ベセラに地位を追われ、さらにブッシュは自らの政権で採択した新憲法を1939年4月に廃止して全体主義に移行。その4ヵ月後になんと死体で発見された。一応、自殺とされているようだ。

|

« 第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合 | トップページ | 第29話 ナチスドイツ ズデーテンラントを併合 »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128575/29771756

この記事へのトラックバック一覧です: 第28話 進展する技術開発:

« 第27話 ナチスドイツ オーストリアを併合 | トップページ | 第29話 ナチスドイツ ズデーテンラントを併合 »