« 第34話 第二次大戦 勃発 | トップページ | 第36話 北欧侵攻&黄色作戦 »

2009年8月 7日 (金)

第35話 オートメドン事件とか

10月4日。

Hoi_665

Hoi_664

ドイツとソ連が仲良く(?)ポーランドを半分こ。

10月4日:スロヴァキアで “モロトフ・リッベントロップ協定 ― ソ連へ東部ポーランドを割譲” が発生。
10月4日:ハンガリーで “モロトフ・リッベントロップ協定 ― ソ連へ東部ポーランドを割譲” が発生。
10月4日:ルーマニアで “モロトフ・リッベントロップ協定 ― ソ連へ東部ポーランドを割譲” が発生。

10月6日:三菱飛行機が「改良型戦術爆撃機」を開発。

Tec_3

100式重爆「呑龍」登場。だが、いまいち中途半端な機種なので、4式重爆「飛龍」に期待しよう。

10月11日

Photo

…ということで、イギリスとの関係が悪化。

独仏国境付近で何やら戦火が。

Hoi_669

Hoi_670

マジノ線をはさんで小規模な戦闘が発生したようだ。「nofog」コマンドで調べてみると…

Hoi_666

イギリス軍も駐留している様子。これじゃ小競り合いが起きるはずだ。

11月11日:山下奉文が「周辺防衛ドクトリン」を開発。

Tec

11月21日:我が国は中国(国民党)の研究チーム'アレクサンデル・フォン・ファルケンハウゼン'の研究を遅らせることに成功。

アレクサンデル(アレクサンダー)・フォン・ファルケンハウゼンは、名前からもわかるようにドイツの軍人で、1934年から中華民国で蒋介石の軍事顧問を務めた人物。史実では、1938年にドイツ外相・リッベントロップの命によって本国に撤収させられているが、この世界ではまだ中国に留まっている模様。

11月22日:第1軽爆撃飛行団が中島 キ-49 100式重爆 呑龍に改良。
11月22日:第2軽爆撃飛行団が中島 キ-49 100式重爆 呑龍に改良。

100式重爆「呑龍」実戦配備。

12月21日。

Hoi_674

中南米って、あまりにも「…のクーデター」が多過ぎるので、詳細な経緯を調べるのがさすがに面倒になってきた。勘弁してください。

12月22日。

Hoi_675

Hirota 広田外相

「アメリカ(南部)連合国からの技術供与です」

Hirohito 天皇陛下

「『交換条件なし』とは実に気前がよいな。こちらからも必要に応じて提供するので、遠慮なく申し出るよう、R・ケンプス・ロング大統領に伝えたまえ」

Hirota 広田外相

「御意」

明けて1940年1月1日。元日早々からまたもや中南米で…

Hoi_676

1月12日。

Hoi_679

しつこい。何度誘われても同じだ。却下。

1月16日:三菱重工業が「基本型中戦車」を開発。

Tec

「97式中戦車 チハ」は第2次世界大戦における日本陸軍の主力中戦車。57mm砲装備型および47mm砲装備型を合わせて、2208両が生産された。

1月21日:東京工廠が「基本型自動車化師団」を開発。

Tec_2

2月2日:我が国は中国(国民党)の研究チーム'ホワン・チェンツォ'の研究を遅らせることに成功。我々の計画が相手国に察知されました。これは外交関係に影響を及ぼすでしょう。

2月10日:ボリビアで “軍国主義者のクーデター” が発生。

Hoi_706

2月19日:我が国は中国(国民党)の研究チーム'中国海軍'の研究を遅らせることに成功。
2月19日:我が国はソ連の研究チーム'ニコライ・クズネツォフ'の研究を遅らせることに成功。我々の計画が相手国に察知されました。これは外交関係に影響を及ぼすでしょう。
2月19日:我が国はドイツの研究チーム'エーリッヒ・レーダー'の研究を遅らせることに成功。

各国に潜入しているスパイが研究妨害で大活躍。どさくさにまぎれて…というか調子に乗り過ぎてというか、友好国ドイツでもついやってしまっています。勇み足だな、こりゃ。

|

« 第34話 第二次大戦 勃発 | トップページ | 第36話 北欧侵攻&黄色作戦 »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第35話 オートメドン事件とか:

» リンク集 [リンク集]
リンク集 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 02時49分

« 第34話 第二次大戦 勃発 | トップページ | 第36話 北欧侵攻&黄色作戦 »