« 第39話 日独伊三国軍事同盟 締結 | トップページ | 第41話 アゾレス工作 順調 »

2009年9月25日 (金)

第40話 第1軍 ボストンへ

ぼちぼちとアゾレス諸島攻略の準備を始めようかな、ということで、第1軍を日本領北東アメリカのボストンへ移送する。

Hoi_834

9月13日:ドイツがノルウェーを併合。

Hoi_837

9月18日:東条英機が「編隊戦闘ドクトリン」を開発。

Tec

すっかり忘れていたのだが、中国大陸での国共内戦は続いており(開戦はいつだったっけ?)、史実と違ってここでは共産党が窮地に追い込まれていた。

Hoi_852

ピンリアン(平涼)とシアンヤン(咸陽)を失い、残るのは本拠地・イェンアン(延安)のみ。

10月4日:第10歩兵軍団がボストンで上陸を完了。
10月4日:第1軍司令部がボストンで上陸を完了。
10月6日:第11歩兵軍団がボストンで上陸を完了。
10月6日:第15歩兵軍団がボストンで上陸を完了。
10月6日:第12歩兵軍団がボストンで上陸を完了。
10月6日:第14歩兵軍団がボストンで上陸を完了。

約1ヶ月の船旅だった。とりあえずボストンで旅装をといて、一休み。ここからアゾレス諸島への移動は時期を見て行なうことにする。

Hoi_855

10月7日:高木貞治が「改良型暗号解読機」を開発。

Tec

10月10日:我が国はアゾレス諸島でパルチザンへの資金援助に成功。我々の計画が相手国に察知されました。これは外交関係に影響を及ぼすでしょう。

資金援助の効果がようやく目に見える形で現れた。アゾレス諸島のパルチザン発生率がやっと0から1%に。10%じゃない、たった1%です。

Hoi_859

10月18日:我が国がポルトガル政府に対する中傷工作を開始。我々の計画が相手国に察知されました。これは外交関係に影響を及ぼすでしょう。

パルチザン発生率は2%に。ほんっとに気が遠くなってくる。

Hoi_862

10月20日:川崎重工が「造船ライン」を開発。

Tec_2

10月22日。

Hoi_864

Hoi_865

戦火はバルカン半島に飛び火。

イギリスによる独立保障は丁重に辞退したギリシャだったが、枢軸軍の攻勢に対抗して連合国との軍事同盟には参加したようだ。

11月5日:ヴィシーフランスで “チャドが自由フランスに寝返る” が発生。
11月5日:フランスで “チャドが自由フランスに寝返る” が発生。

11月8日。

Hoi_872

いつ戦争が始まったのか、もはやちっとも覚えていないのだが、ともかく戦火が収まって何よりだ。

11月10日。

Hoi_873

詳細不明。

11月12日:中国(国民党)のスパイが日本に潜入。日本と中国(国民党)の関係が外交問題の発生により悪化しました。

同日。

Hoi_878

わざわざ殺されるために来たようなもんだな。

★その他の「ハーツ オブ アイアンⅡ」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第39話 日独伊三国軍事同盟 締結 | トップページ | 第41話 アゾレス工作 順調 »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第40話 第1軍 ボストンへ:

« 第39話 日独伊三国軍事同盟 締結 | トップページ | 第41話 アゾレス工作 順調 »