« 第40話 第1軍 ボストンへ | トップページ | 第42話 対ポルトガル戦略 転換? »

2009年10月 2日 (金)

第41話 アゾレス工作 順調

11月17日:日産自動車が「基本型ロケット砲」を開発。

Tec

アゾレス諸島のパルチザン発生率が3%に。でも、1%も3%も大して変わらんよな。

Hoi_883

12月10日:山下奉文が「縦深作戦ドクトリン」を開発。

Tec_2

12月21日:ヴィシーフランスで “赤道アフリカが自由フランスに寝返る” が発生。
12月21日:フランスで “赤道アフリカが自由フランスに寝返る” が発生。

12月25日:中島飛行機が「飛行爆弾開発」を開発。

Tec_3

風船爆弾のことかと思ったが、どうやら違うようだ。よかった。

12月29日:日野自動車が「改良型対戦車砲」を開発。

Tec_4

明けて1941年1月1日。

Hoi_916

これって、ソビエト共産党の恒例行事か?

1月11日:東京工廠が「基本型海兵師団」を開発。

Tec

1月12日。

Hoi_920

窮地に追いつめられた中国共産党=毛沢東が悲鳴を上げているが、言うまでもなく黙殺。こう言っちゃあ何だが、中共なんて潰れてしまったほうが世のため人のため。どうせこのまま放っておいたら「文化大革命」なんて、とんでもないことをやり出すんだから。

そうこうしているうちに、アゾレス諸島のパルチザン発生率が10%に。ようやく二桁に到達したか。

Hoi_921

1月21日:ドイツで “大臣の逝去” が発生。

カール・フリードリヒ・フォン・ジーメンスなる人物らしい。

1月23日。

Hoi_924

中国国民党とチベットの間に和平が成立した今、国民党&西北三馬軍閥の攻勢を一身に受けるハメになった新疆(シンチアン)、哀れ。

だからといって救いの手を差し伸べるわけじゃない。できれば、滅亡する前に降伏してくれ。

Ogawa小川情報相

「ここのところ、例の数値がうなぎ昇り! ようやくアゾレス工作が軌道に乗ってきたようです」

Hoi_927

Fujie藤江内相

「16%ですと!? これは…ひょっとするといけるかも知れませんな」

2月22日。

Hoi_930

調べたけど、今ひとつ誰かようわからんけん。

3月7日:川崎重工が「車両組立ライン」を開発。

Tec

とてもありがたい技術革新。ソ連およびドイツの陸軍と対峙するには、後方生産能力の強化・拡充は必須である。

とうとう、アゾレスの数値が20%台に到達。

Hoi_937

3月10日:東京工廠が「改良型歩兵師団」を開発。

Tec_2

迫撃砲の中では現在主流の120mmクラス重迫撃砲を運用できるようだ。

3月15日、アゾレスは22%に。

Hoi_951

そして…きたきた来た~♪ 3月27日には28%! この調子でどんどん行け!

Hoi_954

★その他の「ハーツ オブ アイアンⅡ」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第40話 第1軍 ボストンへ | トップページ | 第42話 対ポルトガル戦略 転換? »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第41話 アゾレス工作 順調:

« 第40話 第1軍 ボストンへ | トップページ | 第42話 対ポルトガル戦略 転換? »