« 第43話 突然の政府交代 | トップページ | 第45話 極秘に対ソ戦準備 »

2009年10月27日 (火)

第44話 対ポルトガル戦

7月11日:ペルーはエクアドルとの戦争において “最後まで戦う” を選択したとのことです。
7月11日:ペルーがエクアドルに対して宣戦を布告。
7月11日:コロンビアはペルーとエクアドルの戦争において “中立の立場をとるべきだ” を選択したとのことです。
7月11日:ペルーで “突然の政府交代” が発生。

このあたり、SS撮り忘れています。

で、7月が何事もなく過ぎ去ってしまった。おまけにヒトラーの動向は不明。

Tojo東条首相

「それでは、陛下。準備にかかりまする」

Hirohito 天皇陛下

「うむ」

アゾレス近海に艦隊および上陸部隊を派遣。

8月8日:第4輸送艦隊が大西洋中央海嶺北部南側に到着。
8月8日:第6輸送艦隊が大西洋中央海嶺北部南側に到着。
8月9日:第5輸送艦隊がアゾレス海西部に到着。

Tojo東条首相

「開戦準備完了です。陛下、宣戦の詔を」

Hirohito 天皇陛下

「うむ」

天佑を保全し、万世一系の皇祚(こうそ)を践(ふ)める大日本帝国皇帝は、忠実勇武なる汝有衆(ゆうしゅう)に示す。朕(ちん)茲(ここに)に葡国に対して戦を宣す。朕が百僚有司(ひゃくりょうゆうし)は、宜(よろし)く朕が意を体し、陸上に海面に、葡国に対して交戦の事に従い、以て国家の目的を達するに努力すべし。苟(いやしく)も国際法に戻(もと)らざる限り、各々機能に応じて、一切の手段を尽すに於て、必ず遺漏(いろう)なからんことを期せよ。

日清戦争開戦時の清国に対する詔を葡国(ポルトガル)に変えたものです。

8月10日:日本がポルトガルに対して宣戦を布告。

8月12日:第15歩兵軍団がアゾレス諸島で上陸を完了。
8月12日:第10歩兵軍団がアゾレス諸島で上陸を完了。

速攻でアゾレス諸島を攻略。多額の資金提供がこの場面で活きたと思いたい。

8月13日:東京工廠が「基本型空挺師団」を開発。

Screensave0_1

8月13日:呉海軍工廠が「発展型空母」を開発。

Screensave1_1

大鳳」。日本海軍初の装甲空母である。そのわりには装甲関係の研究項目がない。直立傾斜煙突も画期的だったのに。アングルド・デッキなんて採用していないんだから「斜め飛行甲板」の研究も不要。

8月14日:第11歩兵軍団がアゾレス諸島で上陸を完了。
8月14日:第12歩兵軍団がアゾレス諸島で上陸を完了。
8月14日:第1騎兵軍団がアゾレス諸島で上陸を完了。
8月14日:第13歩兵軍団がアゾレス諸島で上陸を完了。
8月14日:第1軍司令部がアゾレス諸島で上陸を完了。

続々と第1軍の各部隊がアゾレス諸島に進駐。

8月17日:第3艦隊がカディス湾に到着。
8月17日:第6輸送艦隊がカディス湾に到着。
8月17日:第4輸送艦隊がカディス湾に到着。
8月18日:第6輸送艦隊がリスボン海岸に到着。
8月18日:第4輸送艦隊がリスボン海岸に到着。

アゾレスを拠点にして、ポルトガル本土攻略戦を開始。首都・リスボンと南部のファロ近郊で同時上陸作戦敢行。エヴォラ(アルカセルド・サル)付近に駐屯する敵部隊を挟撃する狙いである。

8月20日:第15歩兵軍団がファロで上陸を完了。
8月20日:第10歩兵軍団がファロで上陸を完了。
8月20日:第11歩兵軍団がファロで上陸を完了。
8月20日:第12歩兵軍団がファロで上陸を完了。
8月20日:第1騎兵軍団がファロで上陸を完了。

Hoi0002

ファロ:アルガルヴェ地方の首都であり、ポルトガルの南の玄関口である。

8月21日:我が軍の地上部隊がファロにてポルトガル軍機に空爆される。

Hoi0003

オルティンス・ベテンコート中将率いる第1戦術爆撃隊である。機体は「ユンカースJu-86」。ドイツからの輸入でしょう。実際は1939年のポーランド侵攻で役目を終えた機体なので…何というかその…でもまあ、油断は禁物だな。

精鋭・第1艦隊の支援のもと、第1および第2工兵軍団が首都・リスボン北方への上陸作戦を開始。

Hoi0006

8月27日:我が軍の艦隊がポルト海岸で敵艦隊と交戦。

空母4・戦艦2・駆逐隊6のわが第1艦隊に、2駆逐隊で玉砕を図るポルトガル艦隊。

Hoi0010

マルケス・エスパルテイロ少将の闘志(?)だけは褒めてやろう。

Hoi0014

8月28日 15:第1工兵軍団がリスボンで上陸を完了。
8月28日 15:第1軍司令部がリスボンで上陸を完了。
8月28日 15:第2工兵軍団がリスボンで上陸を完了。

Hoi0016

9月2日:第1騎兵軍団がエヴォラに到着。
9月2日:第2工兵軍団がグアルダに到着。
9月2日:第1工兵軍団がグアルダに到着。
9月4日:第10歩兵軍団がオポルトに到着。

Hoi0022

9月4日。開戦からわずか1ヶ月足らずでポルトガル全土を占領。それでは和平交渉。東郷外相の出番である。

Togo 東郷外相

「割譲を求めるのはアゾレス諸島、アフリカ・ギニア湾のサントメ島-ここは西アフリカ有事の際の拠点になります、それとインドネシア共和国内の東チモールといったところでよろしいでしょうか。さらに、ポルトガル領全土における軍の通行許可も要求します」

Hoi0034

Hirohito 天皇陛下

「よきに計らえ」

Hoi0035

★その他の「ハーツ オブ アイアンⅡ」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第43話 突然の政府交代 | トップページ | 第45話 極秘に対ソ戦準備 »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第44話 対ポルトガル戦:

« 第43話 突然の政府交代 | トップページ | 第45話 極秘に対ソ戦準備 »