« 第44話 対ポルトガル戦 | トップページ | 第46話 独ソ開戦待ち »

2009年11月17日 (火)

第45話 極秘に対ソ戦準備

わずか1ヶ月でポルトガルを屈服させ、アゾレス諸島を得て欧州への足がかりを築いた日本軍。当面はアゾレスの要塞化に努めます。

9月4日:第2陸上航空軍がアゾレス諸島に到着。
9月4日:第2戦闘航空軍がアゾレス諸島に到着。
9月4日:第1陸上航空軍がアゾレス諸島に到着。
9月4日:第1海上航空軍がアゾレス諸島に到着。
9月4日:第1戦闘航空軍がアゾレス諸島に到着。

Tojo東条首相

「来春に予想されるソ連との激突に備え、第2軍および第3軍をソ満国境に配備しますね」

Hirohito 天皇陛下

「うむ。よきに計らえ」

9月5日:三菱飛行機が「改良型海軍爆撃機」を開発。

Tec

1式陸攻登場。最高速度444km/h、航続距離5358kmを誇る高性能機で、太平洋戦争の全期間を通じ日本海軍の主力陸攻として活躍した。が…米軍からたまわったあだ名は「ライター」。広い主翼の大部分に燃料タンクを装備したため、主翼のどこに敵弾が当たってもすぐに発火・炎上してしまうという問題を抱えていた。

9月10日。

Hoi0037

しつこいな。却下。

9月13日:第15歩兵軍団がサントメで上陸を完了。
9月13日:第10歩兵軍団がサントメで上陸を完了。

サントメにも進駐。

Hoi0039

現在のサントメ・プリンシペ民主共和国。火山島からなる国で世界最貧国の一つ。

10月1日。

Hoi0045

10月9日:第33雷撃隊が三菱 G4M 1式陸攻に改良。
10月10日:海軍第13攻撃隊が三菱 G4M 1式陸攻に改良。

さっそく1式陸攻を実戦配備。

10月11日。

Hoi0043

10月15日。

Hoi0047

数値をよく見れば当方の大損は明らかじゃないか。盗人猛々しいとはこのことだな。

10月19日:朝永振一郎が「基本型電子コンピューター」を開発。

Tec

11月11日:呉海軍工廠が「発展型駆逐艦」を開発。

Tec_2

「綾波級」ということは特型駆逐艦かな。補助艦の保有量を制限するロンドン条約のきっかけとなった革新的な艦といわれている。

11月16日。

Hoi0053

11月26日:チリで “大臣の逝去” が発生。
11月27日:カナダで “大臣の逝去” が発生。

12月7日。

Hoi0055

サー・ジョン・ディルという陸軍元帥のことらしい。詳細不明。というか、調べるのがしんどい。

12月10日:仁科芳雄が「核燃料分析」を開発。

Tec_3

12月11日:ヴィシーフランスで “仏領ギアナが自由フランスに参加” が発生。
12月11日:フランスで “仏領ギアナが自由フランスに参加” が発生。

Hoi0058

ヴィシー政権の傘下から離脱して、ド・ゴールのもとへ。

12月13日。

Hoi0059

もちろん承諾。

12月20日:東京工廠が「改良型山岳師団」を開発。

Tec_4

12月30日:フィリピンで “大臣の逝去” が発生。

ラフェル・リワナグなる人物。詳細不明。

★その他の「ハーツ オブ アイアンⅡ」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第44話 対ポルトガル戦 | トップページ | 第46話 独ソ開戦待ち »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第45話 極秘に対ソ戦準備:

« 第44話 対ポルトガル戦 | トップページ | 第46話 独ソ開戦待ち »