« 第46話 独ソ開戦待ち | トップページ | 第48話 1942年 独ソ戦起こらず »

2009年12月 4日 (金)

第47話 不動のソ連軍

3月27日:東京工廠が「改良型自動車化師団」を開発。

Tec

3月30日。

Hoi0082

天罰だ。

4月11日。

Hoi0083

特に差し迫った必要はないのだが、なんとなくソ連にちょっかいを出しておいたほうがいいような気がして…。

4月19日。

Hoi0084

史実では、係争地域の領有権をペルーが獲得したのでペルーの勝利ということになるんだろうけど、この世界では痛み分けの模様。

4月23日。

Hoi0085

Hoi0086

「コージャ・ネヤゼ」は「ホージャ・ニヤーズ」が正しいらしい。1933年11月12日に成立した東トルキスタン・イスラーム共和国の大統領となった人物だが、翌年の共和国崩壊後は、盛世才を主席とする新疆省政府の副主席に収まったということで、ほぼ史実に沿った人員配置。

4月29日:山下奉文が「分散戦闘ドクトリン」を開発。

Tec_2

迎撃機と空母航空隊の能力が向上。戦闘機に分類される機種はわが軍には存在しないので、こちらのほうは関係ない。

Tojo東条首相

「それにしてもソ連の対独侵攻、始まりませんね」

Hirohito 天皇陛下

東欧の4月はまだ寒いからかな。戦争どころじゃないとか…」

Hoi0088

5月2日。

Hoi0090_2

5月6日:1 原子炉が新潟で完成。

Hoi0092_2

5月15日。

Hoi0095

Hoi0096

ワルシャワで反独分子の蜂起を扇動。騒動が起これば、ドイツ軍はそれを鎮圧するために兵を動かさなくてはならず、対ソ防衛ラインのどこかが手薄になるはず。スターリンがまともな判断力を有していれば、この機を逃さずにソ連は対独侵攻を開始するんじゃないか。

5月16日。

Hoi0097

ほんとに中南米の国家って、政情が安定しないよな。

5月22日:我が国が南部連合国と外交協定を締結。

Hoi0098

青写真の無償入手。喜ばしい限りだ。

5月25日。

Hoi0100

それでもソ連軍、まったく動きなし。スターリン、冬眠中か。

5月28日。

Hoi0101

ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒのこと。SS長官のヒムラーに次ぐ親衛隊の実力者である。ユダヤ人問題最終的解決計画の実質的な推進者で、その冷酷さから「金髪の野獣」とか「斬首官」とか言われたらしい。最期はチェコで暗殺されたそうな。

★その他の「ハーツ オブ アイアンⅡ」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第46話 独ソ開戦待ち | トップページ | 第48話 1942年 独ソ戦起こらず »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第47話 不動のソ連軍:

« 第46話 独ソ開戦待ち | トップページ | 第48話 1942年 独ソ戦起こらず »