« 第49話 空母「大鳳」「祐鳳」竣工 | トップページ | 第51話 イタリア ギリシアを併合 »

2009年12月21日 (月)

第50話 中国 チベットを併合

記念すべき連載50回目

3月4日:我が国とポルトガルとの講和条約が失効。

Hoi0155

3月6日:中国(国民党)がチベットを併合。

Hoi0156

Hoi0157

確かにチベットが消滅している。ご愁傷さまです。結局、国民党にしろ共産党にしろ中国の本質は帝国主義であり、世界平和の妨げになることがわかった。潰すしかないな。

3月14日:山下奉文が「浸透爆撃ドクトリン」を開発。

Tec

3月14日:東京工廠が「発展型歩兵師団」を開発。

Tec_2

3月18日:第1爆撃飛行団が三菱 キ-67 4式重爆 飛龍に改良。
3月18日:第2爆撃飛行団が三菱 キ-67 4式重爆 飛龍に改良。
3月18日:第3爆撃飛行団が三菱 キ-67 4式重爆 飛龍に改良。
3月19日:第4爆撃飛行団が三菱 キ-67 4式重爆 飛龍に改良。
3月21日:第5爆撃飛行団が三菱 キ-67 4式重爆 飛龍に改良。

4式重爆「飛龍」を実戦配備。

さて、また今年(1943年)も春が巡ってきた。今年こそは動けよ、ソ連軍。

4月10日:中島飛行機が「実用エンジン」を開発。

Tec_3

4月20日:ドイツで “大臣の逝去” が発生。

クルト・フォン・ハマーシュタイン=エクヴォルト。反ナチスの軍人であったとのこと。

5月1日:仁科芳雄が「原子炉の実用化」を開発。

Tec_4

5月12日 1:我が国が南部連合国と外交協定を締結。

Hoi0166

どうするも何も、[承諾]以外の選択はあり得んだろう。

5月25日:山下奉文が「回転木馬爆撃ドクトリン」を開発。

Tec

6月20日:三菱飛行機が「発展型海軍爆撃機」を開発。

Tec_2

7月18日:南アフリカで “大臣の逝去” が発生。

Hoi0169

パトリック・ダンカンなる人物。検索しても、映画俳優の「パトリック・ダンカン」しかヒットせん。

7月20日:東京工廠が「発展型山岳師団」を開発。

Tec_3

7月26日:海軍第13攻撃飛行団が川西 H8K3 2式大艇22型に改良。
7月26日:海軍第14攻撃飛行団が川西 H8K3 2式大艇22型に改良。
7月26日:海軍第15攻撃飛行団が川西 H8K3 2式大艇22型に改良。
7月26日:海軍第16攻撃飛行団が川西 H8K3 2式大艇22型に改良。
7月26日:海軍第17攻撃飛行団が川西 H8K3 2式大艇22型に改良。
7月28日:海軍第18攻撃飛行団が川西 H8K3 2式大艇22型に改良。

海軍爆撃機(いわゆる帝国海軍の陸上攻撃機)として2式大艇が取り扱われるのって、どうなんだろうか。爆撃・偵察・輸送と幅広く活用された機体とはいえ、しょせん飛行艇ですからねぇ。

8月17日:寺内寿一が「消耗抑制ドクトリン」を開発。

Tec_4

8月20日:我が国が南部連合国と外交協定を締結。

Hoi0173

8月29日:ブルガリアで “ツァーの崩御!” が発生。

Hoi0174

“ツァー”ってのは、スラヴ語圏で使用された皇帝の称号とのこと。イベントの前後でブルガリアの閣僚を比較してみると、確かに国家元首のボリス3世がいなくなっている。史実では、1943年8月28日に謎の急死を遂げたらしい。

あっさりと夏が過ぎ去った。結局、今年も独ソの激突はなし。来年に期待しよう。

|

« 第49話 空母「大鳳」「祐鳳」竣工 | トップページ | 第51話 イタリア ギリシアを併合 »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第50話 中国 チベットを併合:

« 第49話 空母「大鳳」「祐鳳」竣工 | トップページ | 第51話 イタリア ギリシアを併合 »