« 第52話 ついに核保有 | トップページ | プライバシーポリシー »

2010年1月11日 (月)

第53話 ついに独ソ戦開始

3月2日:ユーゴスラビアがイギリス, イラク, フランス, オーストラリア, ニュージーランド, カナダ, 南アフリカ, ネパール, ブータン, イエメン, オマーン と ベルギーと軍事同盟を締結。

Hoi0262

3月2日:ブルガリアがユーゴスラビアに対して宣戦を布告。
3月3日:ブルガリアがドイツ, スロヴァキア, イタリア, ハンガリー と ルーマニアと軍事同盟を締結。

当初、ユーゴスラビア王国政府は日独伊三国軍事同盟に加盟したが、国軍によるクーデターが勃発、新政権が中立を宣言したことによりドイツを中心とする枢軸軍がユーゴスラビア侵攻を開始した…というのが史実の流れ。ほぼこれを踏襲した展開である。

で、早くもドイツ軍がユーゴへの侵攻を開始。

Hoi0270

南からはイタリア軍も…。

Hoi0273

3月8日:我が国が南部連合国と外交協定を締結。

Hoi0267

3月11日:ペルーで “突然の政府交代” が発生。

Hoi0269

3月19日:海軍第13攻撃飛行団 付属部隊が九州飛行機 J7W2 震電に改良。
3月20日:海軍第14攻撃飛行団 付属部隊が九州飛行機 J7W2 震電に改良。
3月20日:海軍第15攻撃飛行団 付属部隊が九州飛行機 J7W2 震電に改良。

震電は実用化、さらに量産されていれば恐るべき戦力となり得た戦闘機だったが、板付飛行場での初飛行の翌月には終戦を迎えるに至り、活躍の舞台が与えられることはなかった。

3月22日。

Hoi0275

はい、ナチスドイツの恒例行事「将軍の事故死」。今回の犠牲者は、Hoi2DataWikiによると「エーベルレ」なる人物らしいが、詳細は不明。

3月26日:三井重工が「発展型海兵師団」を開発。

3月28日:イギリスで “大臣の逝去” が発生。

デビッド・ロイド・ジョージ。第一次大戦時の英国の首相として有名ですな。

3月29日:中島飛行機が「ターボジェット迎撃機」を開発。

ドイツ軍が凄まじい勢いでユーゴスラビア領を侵食していく。

Hoi0280

4月12日、ユーゴスラビアの首都ベオグラードも陥落。

Hoi0282

4月21日:呉海軍工廠が「艦隊兵站ドクトリン」を開発。

4月30日。

Hoi0284

史実では、1941年4月17日にユーゴスラビアは降伏している。まあ、事ここに至って史実と比較しても意味ないけど。

5月5日:朝永振一郎が「核廃棄物爆弾」を開発。

5月6日。

Hoi0289

Hoi0287

これもほぼ史実どおりの展開。

5月10日:ベネズエラで “左翼クーデター” が発生。

5月12日:三菱重工業が「改良型重戦車」を開発。
5月21日:東京工廠が「準現代型歩兵師団」を開発。

そして…1ヶ月のちの1945年6月22日。それは唐突に始まった。

Hoi0297

★その他の「ハーツ オブ アイアンⅡ」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第52話 ついに核保有 | トップページ | プライバシーポリシー »

大日本帝国【1-2】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第53話 ついに独ソ戦開始:

« 第52話 ついに核保有 | トップページ | プライバシーポリシー »