« 第63話 1947年も対ソ戦 | トップページ | 第65話 強引に終結 »

2010年6月27日 (日)

第64話 あまりに長くなり過ぎたので…

1ヶ月以上の空白期間を経て、更新 「太閤立志伝V」のほうが忙しくなったもので…。

で、今後はかなり省略&ペースアップしていくことにします。

1947年10月20日時点の欧州。

Hoi0510

バルカン半島はほぼ赤色に染められてしまった。

一方、わが日本軍の動き。11月15日…

Hoi0521

緒戦で敵艦隊をたたきのめす。

Hoi0531

1948年1月16日。

Hoi0554

これで多少はTC負担が軽くなるか。

Hoi0555

Hoi0559

2月21日時点の欧州。

Hoi0573

ドイツ軍が息を吹き返して、ソ連軍の分断に成功。なんと、バルカン半島のソ連軍が敵中に孤立してしまった。

3月5日。

Hoi0595

地中海沿岸における日本軍の拠点が確保できた今となっては、ヴィシーフランスとこれ以上、戦いを続けるのは無意味。

Hoi0638

6月19日、イタリア半島をリリース。

Hoi0084

Hoi0085

どういうわけか、イタリア社会共和国の国家元首とイタリア王国(?)の政府首班を兼任するムッソリーニ。大変だな。

Hoi0086

8月7日。

Hoi0107

ドイツ軍完全復活。ヤバい。このままではソ連による欧州解放(?)ができなくなる。誤解のないように言っておくが、欧州の共産化を期待しているのではなく、ただ単に「シャルル・ド・ゴールがパリに凱旋する」云々のイベントが発生するかどうかを確かめたいだけ。

ともかく、これ以上ドイツ軍を調子づかせないためには、わが日本軍がバルカンを制圧して南からドイツ軍に対して圧力を加えてやるしかあるまい。

とはいえ、第1軍20個師団だけでバルカン方面の戦線を維持するのは極めて困難なので、南部連合国軍を動員する。つまり、日本領北東アメリカで治安維持にあたっている連中をすべて引き抜くことになるので…

Hoi0386

Hoi0394

約10年ぶりに独立を回復した米国。ファシスト国家です。それにしても「アメリカ合衆国は日本の属国です」…なんという心地よい響きであろうか。これがあるから、ハーツ オブ アイアンはやめられない。

…にしても、復活したドイツ軍の攻勢は凄まじい。このまま一気に押し切る…なんてことになったら厄介なので、この際「アレ」を使ってドイツ軍の攻勢正面に穴を開けてやろう。

「アレ」とは…核爆弾である。

Hoi0391

Hoi0393

バルカン半島制圧後、とっととギリシャをリリース。

Hoi0647

その間に独ソ戦は二転三転。北方ではソ連軍がまた勢いを盛り返し、ベルリンに迫りつつある。

Hoi0659

んで、あっさりとベルリン占領。

Hoi0666

ヒトラーは何処?

Hoi0670

|

« 第63話 1947年も対ソ戦 | トップページ | 第65話 強引に終結 »

大日本帝国【1-3】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第64話 あまりに長くなり過ぎたので…:

« 第63話 1947年も対ソ戦 | トップページ | 第65話 強引に終結 »