お知らせ

2010年6月29日 (火)

半藤一利著「昭和史」

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

少々気になる本です。6年前の2004年発刊。内容が内容だけに、ヒストリーチェンジャー(歴史改変家)の自分としては、一応目を通しておかねばなるまいかと。

内容(「MARC」データベースより)…日本人の精神構造には何が欠けていたのか? 日本人はなぜ戦争をするのか。日中戦争から太平洋戦争の時代を検証、「底なしの無責任」がもたらした悲惨とは何かを問い、未来を選び取るために今、考えることの重要性を訴える。

Amazonの書評では「全国の学校で日本史の教科書として採用してほしい本」とか「昭和史を知る格好の入門書」という肯定的な評価が多い中で、目を惹いたのがこの(↓)コメント。

「『(南京虐殺について)日本人のひとりとして謝罪します』って部分を読んで、この本を読むのを辞めました。もし謝罪するのであれば、それをするのは『当時その場で戦闘していた日本の軍人と、中国の便意兵(※)などなど』であるはずだ」

※「便意兵」は「便衣兵」の誤りでしょう。実際にはそうであったかもしれないが「う○こを我慢しているゲリラ兵」というのは…。

それはさておき、この部分に関してはコメンテーターの意見に同感。謝罪の必要なし、というより、当時ローティーンの子供(著者の生年月日から計算するとそうなる)に責任はないでしょう。

日中戦争にともなう犠牲については、かなり以前、作家・森村誠一氏の言葉に共感した記憶があります。確か…

「過去の侵略やそれにともなう罪に対しての謝罪はしない。当時、私(森村)は子供だった。中国人と同様に一般の日本人も戦争の被害者である。しかし、将来において再び過ちを犯すようなことがあれば、それは自分たちの責任であり、そういう事態に立ち至るのを防ぐことが自分たちの責務である」

…というような内容だったと思います。

要するに自分としては、右も左もどうでもいい、赤も青も関係ない、地球上に存在する数多くの生活集団が、他の生活集団の存在に敬意を払いつつ、お互いを理解する努力を続けながら共存していきましょうや、というスタンスなんですが…。とてもシンプルだと思うんだけど、難しいんでしょうかね。

この本、近いうちに入手して読んでみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

ブログテーマ変更

7月21日以来、当ブログの更新は完全に停止しております。

今後もこうした状況が大幅に改善される可能性は低いことから、以後、洋楽関係のコンテンツはメインブログ(こちらも更新停滞気味ですが…)に移管し、当ブログは、戦略シミュレーションゲーム「ハーツ オブ アイアンⅡ」関連の情報提供サイトに変更します。

B000UGTT9C ハーツ オブ アイアン II ドゥームズデイ with アルマゲドン 【完全日本語版】
サイバーフロント 2007-09-07

by G-Tools

本格運用は、キリのよいところで2009年1月1日としますが、それまでの準備としてブログのデザイン変更や旧記事削除、テスト記事掲載などを頻繁に行う予定ですので、ご了承くださいhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)